やっぱり注文住宅はお金がかかるの?まず相場や費用の内訳を知っておこう!

やっぱり注文住宅はお金がかかるの?まず相場や費用の内訳を知っておこう!

注文住宅の建築費用は通常の家づくりよりも高額ですが、工夫次第でコストを抑えることができます。
その場合のカギとなるのが、ローコストのハウスメーカーの活用です。
またシンプルな建築プランを活用すると、相場よりも安く家を建てることができます。
特に工事期間が短い建築プランを選ぶことが、低予算で理想の住まいを実現することにも直結します。
住宅建築では人件費の割合高く、短期間で完成するプランを選ぶメリットが大きいです。
そして途中で計画を変更しないことが、低予算で注文住宅を新築するための基本です。
したがって発注する場合には、事前に建物のコンセプトや間取りをしっかりと決めるべきです。
納得の行くまで建築士と話し合うことで、建築の過程で計画を変更することもなくなります。
更に見積もりを依頼したあとで、その内容を詳細に分析することも大切です。
内訳を丁寧に調べると、コストカットができる個所を見つけることができるからです。

注文住宅のコストはどのようなところにかけたら良いか

注文住宅の建築におけるお金の問題は、切り離すことができません。
無尽蔵にお金がある家庭を除いて、大抵の場合予算の範囲内で行わなければいけません。
そうすると注文住宅の場合コストをどこにかけるかは大事な問題になります。
これに関しては明確な答えはなく、結局そこに住む人の目的によって変わってくるかもしれません。
例えば部屋の中を充実させたい場合には、部屋の中の間取りに十分なお金を使った方が良いかもしれません。
そのほうがはるかに満足感が高いといえます。
かといって、それ以外の部分を手薄にしてしまうと後になって問題が生じます。
例えば外壁を1番安いものにした場合、劣化が激しくなった場合取り替えなければいけませんが、当然その時にもそれなりのお金がかかる事は覚悟しておく必要があるわけです。
このように考えれば、いくら力を入れる部分とそうでない部分があったとしても、ほどほどにしておく必要があります。
その点をよく理解しながら、設計などを行うべきです。

著者:平出公明

筆者プロフィール

愛知県豊田市生まれ。
大学卒業後大手ハウスメーカーに就職。
注文住宅に関する情報を発信しています。