注文住宅の基本を知っておけばもう安心!これで後悔しない住まいを実現しよう!

このサイトでは後悔しない住まいを実現するために役立つ、注文住宅の基本をご紹介しています。
これらを知っておけば安心して家づくりをすることができるかもしれません。
業者選びこそ注文建築の住宅の成否の分かれ目ともいわれますので、このサイトではその理由もお伝えしています。
やっぱりオーダーメイド住宅はお金がかかるのかと気になる人向けに、相場や費用の内訳を知っておく大切さも解説しています。
これから家を建てるのなら、きっと役立つでしょう。

注文住宅の基本を知っておけばもう安心!これで後悔しない住まいを実現しよう!

注文住宅を建てるために役立つ基本を押さえておきたい、という人もいるのではないでしょうか。
注文住宅は工務店やハウスメーカーに依頼して建てる家です。
注文住宅の計画を立てるには、オシャレさだけでなく居住性にも配慮することが大切になります。
生活動線・家事動線を考えて、動きやすい間取りにすると良いでしょう。
また音の伝わり方を考えて部屋を配置したり、空間を作ることをお勧めします。
それから夏や冬の気温を考えて、空調の計画もしておきます。

これこそが注文住宅!建売住宅にはない特徴を知ろう!

マイホームの候補に注文住宅と建売住宅で迷うことがあります。
同じ新築物件ではありますが、実際には異なる点が多く見られます。
建売住宅は土地と住宅がセットで販売されている物件で、住宅はすでに完成しています。
そのため設計に自由はありませんが、その分費用が抑えられたり、引越し時期が決まっている場合にすぐに引っ越すことが可能です。
近くに同じような外観の建物が見られることもあります。
注文住宅は土地探しから始まって、何もない状態から家づくりを行います。
設計の自由度が高く外観や内装、設備や間取りなどにこだわることが出来るといった特徴があります。
家族の人数や暮らしに合わせた家づくりが行えるため、完成後の満足度も高いでしょう。
ただしこだわった分の費用が嵩んだり時間が多くかかってしまうことが考えられるため、家づくりに取り入れたいことの優先順位をつけておくことがポイントです。
注文住宅は家族の夢が実現出来る住まいです。

自由設計の注文住宅だからこそ出来る!色んなメリットを紹介します!

自宅を購入する方法としてマンションの他に分譲住宅などがありますが、より理想的な家を購入する方法として注文住宅の利用があります。
建設する上で設備や間取りなど自由に設計する事ができ、自分の理想とする家を建設する事が可能です。
実際に注文住宅だからこそ実現できるメリットも多くあるので、良い点をしっかり把握しておく事もポイントになります。
一番の魅力となるのが自由設計であり、自分の思い描く家にする事が可能です。
多く家がある中でも自分だけのオリジナルの家にする事ができ、他にはない特別な家にする事が出来ます。
間取りや設備なども踏まえてこだわりを詰め込む事ができ、特別な空間を作る事ができるのも魅了です。
逆に不要な物などは徹底して取り除く事もでき、シンプルながらもすっきりと開放感のある家にする事も出来ます。
特に収納に関するスペースの確保は自由にできるので、多くの物を片付けることで生活しやすい家にする事が出来ます。

それでもまだ注文住宅に不安がある?デメリットも知って事前に対策を練っておこう!

マイホームを手に入れるためには分譲住宅を購入する他に、自分達で設計して建てる注文住宅があります。
自由に設計できるからこそ、より理想的な家にする事が可能です。
ただし様々な希望や理想を設計する事ができるからこそ、注文住宅は費用が高額で入居まで時間がかかります。
デメリットとなるポイントではありますが、しっかり把握することで対策する事が可能です。
高額な費用対策として設計自体を工夫し、費用を抑えたデザインにする事がポイントになります。
予算なども長期的な返済計画だけでなく、家族の変化や老後なども見据えたマネープランを考えます。
将来も見据えたプランを考えることで、より負担なく返済計画と共に予算を算出する事が可能です。
入居までの時間は長くはなりますが、相性のよい担当者のいる業者に依頼することで、ストレスなく建設計画を進める事が出来ます。
結果として入居までの時間が負担にならず、より理想的なマイホームを手に入れる事に繋がります。

知っておけば建築計画の検討もスムーズ!注文住宅に入居するまでの基本的な流れとは?

注文住宅の家づくりは、家を建てようと考えてから入居するまで1年前後の期間が必要になります。
設計などの段階で中々間取りやデザインが決まらないとなると長期化することもあるのですが、設計図が完成するまでの間は何度も工務店やハウスメーカーなどの依頼先に出向いて打ち合わせを繰り返すことになります。
注文住宅は設計図が完成して着工となった段階から入居までは、この間の流れは比較的スムーズになることが多いのですが、長雨などが続いているときなどで屋根がまだ設置されていないとなると長期化することもあります。
家が完成すると内覧会が開催されるのですが、内覧会は完成した注文住宅の不具合箇所を見つけるためにも欠かせない工程で、ここで見つけた不具合箇所は修繕が行われた状態で引き渡しになります。
入居後に見つけた場合でも修繕ができないわけではないのですが、入居段階では修繕がしにくい部分もあるなど基本的には内覧会の中でじっくり確認することをおすすめします。

著者:平出公明

筆者プロフィール

愛知県豊田市生まれ。
大学卒業後大手ハウスメーカーに就職。
注文住宅に関する情報を発信しています。
豊田市で注文住宅を建てよう!